【今が旬!木造公共建築物】篠原商店からのお得な情報

<公共物件今が仕込み時期!>

手前みそながら篠原商店の特殊建築チーム、だんだんと力がついてまいりました。

皆様のアドバイスとお力添えのおかげです。

ありがとうございます!

 

公共建築物の木造化率は急速に上昇中。

でも引渡し時期の3月末がデッドラインになることが多いので実際の加工は秋口から忙しくなることが常。

春から夏にかけてはさしあたり仕込み時期と言えます。

見積図面と格闘するシノハラ特建チームです。

 

設計事務所を要するシノハラグループは公共建築物の設計、各種図面作成、木材調達、加工、建て方まで皆様と一緒に頑張りたいと考えています。

「今まで取り組んだことがない!」

「こんな大型案件コワくてできない!」

初めて携わる時にはわずらいごとが多いモノ。

 

シノハラグループがご一緒いたします。

 

お気軽にご相談くださいませませ!

 

こんな物件も。

あんな物件も

木造で可能です!

          020

 

_DSC0005

 

 

 

<LIXILグループのリフォーム売上!>

LIXILグループの2017年3月期決算は、IFRS(=国際会計基準適用)すると減収増益となりました。当期利益は前期から681億円改善し425億円の黒字となっています。

しかし、課題は国内リフォーム市場の伸び悩んでいます。

リフォーム商材については同1%増の3062億円。昨年から「PATTOリフォーム」ブランドで簡単施工、明朗価格の改修商品を大々的に打ち出してきましたが、すぐには効果がありませんでした。

職人の少なさも問題の要因として、今期はさらに施工が簡単な商材の開発を進め、熟練した職人でなくてもできる商品をメーカとして作っていく、ということです。

今期は売上高4%増の1兆8500億円。事業利益は8%増の950億円を計画しています。

 

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームイインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ