【事故物件増えているそうです!】篠原商店からのお得な情報

こんにちは!

 

<大島てる>

“大島てる”というサイト(会社名でもある)をご存じでしょうか?

不肖町田最近知りました。

事故物件公示サイト。

「こんなサイトあるんですね~~。ぞくっ。」

 

ホテル、マンションなどはもとより駐車場、学校などで自殺、殺人、放火、孤独死などの訳アリ事故物件が満載されています。

 

“大島てる”というのは奇妙な名称は現会長の大島学氏の二代前の社長の名前とのこと。

“貞子”というこわ~~い映画を連想してしまったのは私だけでしょうか?

 

最近の帝国ニュースに載っていた情報です。(2016年5月26日号)

事故物件を専門にリフォームする会社が繁盛しているとのこと。

老人孤独死、殺人、自殺などの理由で売り出された戸建住宅、マンションなどをリフォームして再販するビジネス。

キモは“におい対策”だそう。

孤独死してから3~4週間すると物凄い臭気を発すると述べています。

最近は性能の良い消臭剤が開発され効果は絶大とのこと。

 

相場の6掛けが基本で買取。

状況が悪ければ5掛け以下のモノが出てくることもあるそうです。

 

通常の物件より格安で購入できるとあり、ワケアリ物件に狙いを定めているお客様もいるそうです。

 

眼に見える世界以外の存在をひそかに信じている町田は”無理!無理!”ですが、ご関心のある方はネットで引っ張ってみてください。

格安の物件を探せるはず!

 

 

大島てる

http://www.oshimaland.co.jp/

 
iwakutsuki

<木住協リフォーム診断員>

一般社団法人日本木造住宅産業協会(木住協)は5月26日、定時総会で、今年度の事業方針を決定し、リフォーム支援制度の拡充や大工育成を進めることになりました。

リフォーム市場への対応として、建物検査を行うインスペクターとして「木住協リフォーム診断員」の要請を進め、会員以外でも講習会を受講、支援サービスを受けられるようにするそうです。

また、独自の改修工法の普及も進めていきます。

職人不足の解消に向けた取り組みとしては、木住協として初めて木造大工と工事管理者の研修を開催するそうです。11月下旬からのべ15日間の日程で15人程度の規模で予定しているそうです。

 

 

中大規模木造物件の篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

 

090-3430-6749

taka2taro@gmail.com

このページの先頭へ