【中国人の大工さん。現場から離れる!】篠原商店からのお得な情報

<中国人の大工さん>

不肖町田が親しくさせていただいている中国人の若い大工さん。

最近現場で見かけません。

なぜか?

現場でタタくより車乗っている方がもうかるからだそうです!

 

近頃大型バスで中国からのおのぼりさんたちがヤマダ電機やマツキヨに大挙して買い漁るという光景を眼にしないですね。

なぜか?

中国人が「団体観光」から「個人観光」にシフトとしたからです。

 

しかし旅慣れた人とは言え日本語を巧みに操れるわけではないし効率的に行きたいスポットを廻りたい。

そこで登場するのがスマホアプリ!

 

最大手は「皇包車」。

https://www.huangbaoche.com/

 

二番手は「唐人接」。

http://www.cpool.cn/

 

中国の空港を飛び立つ前にアプリを通じて日本在住の中国人と契約をしておきます。

安いです!

「皇包車」を見ますと富士山、忍野八海をぐるっと観光して一人508円とあります。

たぶんですけど1時間あたり人地508円という意味だと思います。

8時間拘束で4人で行くと16,000円くらいでしょう。

間違っていたらすみません。

日本の観光バスより安いです。

日本の法律では“白タク”として違法行為ではあります。

でも中国では合法。

よって海外に行って利用しても違法感覚が彼らにはないのだとか。

 

若い中国人大工さん。

今では8人乗りよう中古車を購入。

現場手間を超えて稼ごうと毎日せっせと成田空港、茨城空港へと車を走らせています。

 

中国人パワーに負けそう。

そして建築現場の魅力をもっと高めないとだめですね。

                                   Group-Chinese-tourists

<桧家さんAI利用で営業効率アップ!>

桧家ホールディングスは11月より、注文住宅の営業活動にAIシステムを導入するそうです。

導入するAIシステムは、(株)エクサ(神奈川県川崎市 代表取締役社長執行役員:塚本明人氏)が提供する、対話式のQ&Aサービス「ひのくまコンシェルジュ」。同サービスは、チャットシステムのトーク画面で文字入力または音声で質問をすると複雑な日本語の意味を理解し、これまで注文住宅事業で蓄積してきたQ&Aデータを基に最適な回答を複数表示します。回答状況を常時分析し、使用頻度の高い回答が上位に表示されます。質問回数を重ねるごとに精度の高い回答が構築される仕組みとなっています。

このシステムで、受注獲得増や業務効率の向上などにつなげていきたいとの考えです。

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

このページの先頭へ