【レオハウスが教えてくれること。】プレカット工場篠原商店からのお得な情報

                                               こんにちは!

 

夏も終盤になりました。

朝晩の涼しさに秋を感じますね。

 

<レオハウス快進撃です!第二弾。>

関東にも徐々に店舗数を増やしてきているレオハウスです。

今日は昨日に引き続き誰でも見られるインターネットのIR情報から考察してみたいと思います。

2013年3月期における株式会社ナック(9788)の売上高が726億円で、そのうちレオハウスの売上高が430億円であることは前号で書きました。

IR資料に430億円の詳細が含まれていました。

過去3年間の推移です。

●2011年3月期  313億円(完工棟数2,140棟)

●2012年3月期  370億円(完工棟数2,545棟

●2013年3月期  430億円(完工棟数2,575棟

売上高の伸びに比べて完工棟数の伸びが今一つであることにお気づきと思います。

理由は太陽光パネルの搭載率を飛躍的に高めたことと、ライフスタイル自体を提案する営業スタイルに変えていったことの2つであるとIR資料は述べています。

受注数が多少落ちても、全体の売上金額はアップさせていく。もしくは利益額はアップさせていく。

レオハウス部門の営業利益を確認しますと、、。

  • 2012年3月期 18億5千万円。
  • 2013年3月期 26億9千万円。

売上の伸びは16%ですが、営業利益の伸びは45%にもなります。

コピー屋はコピー機本体ではあまり儲けていませんが、トナーで儲けています。

同じ原理ではないでしょうか。

どの商品でどのように利益を上げていくかを戦略的に考えておくことの大切を学べます。

商売上手の株式会社ナックは違います。

 

<東北のある建設会社社長言います!>
 大工の賃金の回復が大切。

1964年の時の大工の年収が43万円で、公務員の年収が31万円で大工の方が1・4倍ほど所得が高かったです。

ですが、現在は大工の年収が約360万円、公務員の年収が約632万円と公務員に比べ1・75倍ほど所得が下がっています。

賃金面で大工職をもっと魅力的な職業にする必要を皆感じています。

でもどこの会社がスタートするかですね。

これが難しいです。

 

当社のキダテ設計も今ホームインスペクションに力を入れております。

構造計算、長期優良住宅申請、ホームインスペクター(中古住宅診断士)のキダテ設計をよろしくお願いします。

http://kidate.co.jp/home-inspection/

プレカットのご用命は篠原商店へお願いします。

 

町田

このページの先頭へ