【バーチャルリアリティ活用!】篠原商店からのお得な情報

<営業効果抜群!バーチャルリアリティ!>

ナーブという会社が開発した新システム。

画期的!

賃貸専門にやっている不動産屋さんなら絶対導入すべきです。

営業効率が格段とアップするはず。

 

新築戸建て住宅販売においてはホームズ君でも同様の機能が追加装備されました。

営業効率、生産効率、事務効率などなど。

すべての部門で効率化は図っていかないと生き残れません。

PC、インターネットをどう活用するかが全てと言っても過言ではありません。

 

VR=バーチャルリアリティー。

車とか機械のように最終商品が売手、買手両方が納得の上で売買成立なら実物見て買ってもらえばいいので不必要かも。

でも注文住宅ですと力が超発揮されること間違いありません。

 

上手にVRを活用してまいりましょう!

 

ナーブさんのHP紹介!

       shutterstock_528831091vr

<自動運転バス>

鳥取県八頭町は人口約1万7000人。毎年300人弱が減り、高齢化も進んでいます。7年前に鉄道駅と集落を結ぶ民間の路線バスが撤退し、町が事業を引き継ぎましたが、運転手の確保も難しいといいます。

町は昨春、「SBドライブ」(東京都)と自動運転バスの事業化に向けた協定を結びました。同社は、車体に搭載したAIがセンサーや映像、全地球測位システム(GPS)の位置情報を基に、アクセルとハンドルを操るシステムを開発中です。

歩行者や電柱、ガードレールなども識別できます。時速は20〜30キロ・メートルで、障害物が突然現れても緩やかに避けられる可能性が高いといいます。2021年度に町にシステムを提供するのが目標で、町は「実現すれば役場や商店、学校などを回る路線も充実する」と期待をかけています。高齢化が進む地方は公共交通のニーズが高く、決まったルートを低速で走る公共交通なら、技術的ハードルは低いようです。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

このページの先頭へ