【ハウスフリーダム(8996)進撃中!】篠原商店からのお得な情報

<ハウスフリーダムさん(8996)>

平成18年に福岡証券取引所に上場。

ちなみに福岡証券取引所をQボード市場と呼びます。

社長は小島賢二氏。

昭和44年生まれなので50歳です。

ということは39歳の時に上場。

すごいですね!

同業プレカット工場の方からハウスフリーダムさんのことを聴きました。

元気のいい会社だそうです。

建設、不動産、介護のビジネスが主軸。

 

特徴は品質と値段のバランスでしょうか。

ネットを通じてでしか分かりません。

 

財務情報は以下のような感じ。

<売上>

2016年12月期  73億円

2017年12月期  76億円

 

<経常利益>

2016年12月期  2.6億円

2017年12月期  2.0億円

 

<長短借入金・社債合計>

2016年12月期   50億円

2017年12月期   55億円

 

 

<自己資本率>

2016年12月期  23.8%

2017年12月期  22.2%

 

 

ちなみに2018年12月期の業績予想はこんな感じ。

売  上=>83億円

経常利益=>2.3億円

 

現在52歳の不肖町田。

自分より若い人が社長を見かけるケースがかなり多くなってきました。

小島社長。

今でも若いですが、でも30代のころから突っ走ってきたご様子。

アクセルをベタ踏みでどこまでもスピードアップです。

 

がんばりましょう!

 

IR情報はこちら!

https://www.housefreedom.co.jp/ir/pdf/20180209kessantansin.pdf

 

         pix01_43

<3月度中古住宅在庫価格>

東日本不動産流通機構(東日本レインズ)が4月10日発表した、3月度の首都圏等の不動産流通市場の動向に関する月例報告によると、中古戸建て住宅の在庫価格が26カ月ぶりに前年比で下落しましたが、成約価格は、7カ月連続で上昇しました。地域別の成約価格は、多摩、横浜・川崎市、神奈川県他で前年比で2ケタの上昇となっています。

中古戸建て住宅の新規登録件数は、前年比で8カ月連続の増加、在庫件数は10カ月連続で増加しています。地域別の中古戸建て住宅成約件数は、東京都区部と多摩を除き各地域で前年比で減少しました。

首都圏中古マンション件数は、前年比が新規登録件数で7カ月連続の増加となりました。在庫件数で34カ月連続の増加となります。首都圏地域別中古マンション成約件数は、埼玉県を除き各地域で前年比で増加しています。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ