【ナックさんが国木ハウスさん買収!】篠原商店からのお得な情報

<ナックさんが国木ハウス買収!>

レオハウスさんを展開するナックさん(9788)。

現在株価1,000円前後です。

住宅事業はむしろ後発で元々はダスキンの販社。

今では一部上場で水事業、化粧品事業、清掃事業などさまざまな事業を展開するに至っています。

素晴らしい展開力!

 

レオハウスさんはローコスト注文住宅。

子会社のジェイウッドさんは東北中心に活躍する自然素材住宅。

別の子会社ケイディアイさんは首都圏中心のアパート、建売メインのメーカー。

 

今回買収対象となったのは北海道の国木ハウスさん。

元々資本は日本製紙さんが保有。

目的は「寒冷地における建築ノウハウを獲得し当社グループの住宅事業として初めて北海道進出を図る」とIR資料にあります。

 

国木ハウスさんHP

http://kunimoku-house.co.jp/

 

5月1日現在の国木ハウスさんのホームページはまだ「日本製紙グループ」とあります。

株式譲渡実行日は6月1日(予定)とありますので当然ですが、、。

 

日本製紙さん、ナックさんそれぞれ思惑があるのでしょう。

業界勢力図がドンドン変わっていきます!

 

ついていきましょう!

 

ナックさんのIR資料

http://www.nacoo.com/core_sys/images/main/pdf/release_ir_20170427.pdf

                                          water-drop

<二世帯住宅調査>

LIFULL(ライフル、東京都千代田区)はこのほど、親世帯と子世帯で同居をしている540名を対象とした「二世帯同居調査」を実施しました。

二世帯同居にして良かったことを聞いたところ、親世帯では「子どもや孫と一緒に過ごすことができる」が最多。続いて「体調が悪い時に面倒を見てもらえる」、「家事を手伝ってもらえる」が多く挙げられました。一方、子世帯では「子ども(孫)の面倒を見てもらえる」、「体調が悪い時に面倒を見てもらえる」、「家事を手伝ってもらえる」が多く、子ども(孫)の世話については、親世帯・子世帯ともにメリットと感じていることが分かりました。

また、二世帯住宅の費用については、親世帯の方が子世帯よりも費用負担の大きいケースが多くなっていました。

そのほか、二世帯同居の順調さについては、親世帯の方が、子世帯よりも「非常にうまくいっている」と捉えている人が多いようです。

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームイインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ