【チームパクト(PC2T)がんばります!】篠原商店からのお得な情報

<チームPC2T。がんばります!>

北海道の雄。佐藤木材工業さん。

接合金物業界トップのタツミさん。

ア~~ンド、私たち篠原商店での共同開発で誕生したパクトビーム。

 

実証実験を重ねて商品化にこぎつけたのが昨年。

だんだんと実績を重ねてまいりました。

以前にもご紹介させていただきましたがトラスです。

 

上弦と下弦と束材は木材。

ターンバックルブレスを使用。

 

なぜシノハラはトラスにこだわるのか?

長いスパンを確保するのに大断面使用は可能です。

でも狭い日本の街並み。

15メートル超の梁を現場へ運ぶだけでも大変。

その点トラスなら配送のみならず施工もらくちん。

1門15分程度で組み立てOK!

木造ではこれまで不可能だった柱、壁の無い広い空間確保が可能となります。

 

今はウッドファーストが世界の潮流。

日本一の山持の住友林業が70階建て木造高層ビル建設計画を発表したのは記憶に新しいところ。

材木が日本の街並みに彩を加える時代到来です。

 

ぜひ木造建築物の長いスパンにはパクトビーム(トラス)をご使用くださいませませ!

 

https://team-pc2t.com/

      mv_01_pc

 

      mv_03_pc

 

<Good Living フォーラム2018>

LIXILは、住まい手にとっての“いい住まい、いい暮らし”を考えるプロユーザー向けのイベント「Good Livingフォーラム2018」を、6月15日の青森会場を皮切りに10月下旬まで全国15会場で開催します。

今年のテーマは、“いい住まい、いい暮らし”を健康やデザインの観点から深堀りする「健康と住まいのデザイン」。建築や医学の有識者による基調講演やパネルディスカッションを通じて、“本当に健康で快適に暮らせる住まいとはなにか”を、商品の機能や性能だけではなく、「美しさ」や「心地よさ」といった住まい手の感性的価値にまで踏み込んで問いかけます。

また、環境建築家の岸一氏によるLIXILの窓(トステムブランド)の特長を活かした空間演出プランや、室内からエクステリア空間まで最新のトレンドを取り入れつつ簡単にコーディネートできるデザインスタイル別プランを展示するそうです。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ