【タマホームIR資料からの考察 その2】篠原商店からのお得な情報

こんにちは!

「夏がもう来てしまったのか~!」と思う日があるとかと思えば、「さむっ~!」と感じる日もあります。

体がついていくが大変です。

 

<タマホーム第三四半期の決算説明がネットに載っています!>

昨日に続き今日もタマホームのIR資料から考察しましょう!

興味深い数字を発見しました。

 

四半期報告書の5ページをご覧ください。

 

金融事業7億8千7百万円(四半期)が載っています。

火災保険、地震保険売上がほとんどを占めているそうです。

家を買ったら当然保険にも入ります。

事業の横展開としては取っつきやすい分野でしょう!

3ヶ月で8億円近くも売ってしまう”キムタクパワー”!

 

もう一つの着目点!

「その他事業」の売上で39億円近くが上がっています。

3ヶ月間でです。

何を販売しているのでしょうか?

家具、インテリアなのです。

家を買ったらカーテンや、家具も買います。

これを一緒に売る営業方針のようです。

 

住宅を販売している私たち。

思い返せば周辺領域は想像以上に広いのかもしれません。

 

建材販売業で伸張している池袋の会社があります。

とても意欲的な社長なので会うといつも刺激を受けます。

今最も取り組んでいる横展開事業家具のレンタルサービスです。

脱新築だそうな。

これはユニークです。

 

特に賃貸マンション、アパートの大家さんに新品の家具を貸し出します。

空室になったらその期間はレンタル料金は発生しません!

 

某大手不動産チェーンが採用し始めました。

なんでも新品の家具で入居率が大幅アップするのだそうです。

 

次回に詳細説明します!

 

タマホーム四半期報告書はこちらをクリック!

 http://cdplus.jp/company/download/242185/37473.pdf

 modern-luxury-living-room-10034632

 

<中古住宅で満足!>

SUUMOジャーナルは「オールアバウト、中古住宅購入者の6割がリフォーム・リノベを実施」と伝えています。

これは「株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区)が運営する特設サイト『国民の決断』」が、「2014年第1弾のレポートとして『中古住宅』に関するアンケート調査を実施した。」ものです。

                         【調査期間は2014年3月26日(水)~4月2日(水)、

                            首都圏(東京、埼玉、神奈川、千葉)在住の20~69歳男女のうち、

                            ここ1~2年の間に中古住宅を購入した146人から有効回答】

 

質問に対する回答では「中古住宅購入者の6割が『集合住宅』を購入、中古を選んだ理由のうち、4人に1人が『新築・中古にこだわりがない』となっています。

 

【中古住宅を選んだ理由】

      中古の方がよりリーズナブルだったから」(61.0%)

    「希望の地域や場所、広さでは新築は価格が高すぎたから」(32.9%)

    「もともと、新築・中古にこだわりがなかったから」(27.4%)

 

消費税アップでますます活発化する既存住宅市場です。

 

 

キダテ設計事務所では防火の建物の設計を行っています。

ぜひご発注をお待ちしております。

非住宅の大型物件のプレカットは篠原商店で!

町田
メール:   taka2taro@gmail.com

携帯電話:  090-3430-6749

このページの先頭へ