【タクシーに代わるサービスって?】篠原商店からのお得な情報

<フィリピンの道路事情その2>
フィリピンマニラでの殺人的な道路混雑事情について昨日書かせていただきました。
もう一つ気づいたことがあります。

庶民の足ジープニーともう少しお金のある人が利用するタクシーが相対的に減っている印象を受けていました。
裏側にある事情が判明!
世界中で激増している“ウーバー”の存在。
“ウーバー”と“グラブ”とう二つの会社が競っているマーケット。
配車あっせんアプリです。

●スマホに備わっているGPS機能で自分のいる位置を画面上で確認。
●行きたい場所の名称もしくは住所を入力。
●一番近くにいるウーバー登録ドライバーの名前、写真、プロフィール、趣味、家族構成などが画面上に現れます。同時にドライバーが今いる場所が地図上にアップ。
●車のアイコンが自分のいる場所に近づいてくるのでイライラしないで済みます。
●一番うれしいのは料金が固定制なこと。道路の混雑状況、天候(雨だと利用者が多いので高い!)によって値段が変動します。事前にAI機能で合理的な値段が算出されます。
●車の豪華さが3段階で選べます。値段が違ってきます。
●運転手は自動車を保持して時間を持て余している個人。現在は本業にしている人がほとんどのようですが、、。
●下車後はウーバーより運転手の評価依頼がメールで飛んできます。(次に載る人が前回までの利用者の評価をすべて閲覧できる仕組み)

全てに合理的。
一部ぼったくりタクシーが横行している伝統的運送業界よりはるかにクリーン。

蛇足ですがうちのかみさんの姉妹がアパートを建てて貸すという不動産業に傾注。
店子はすべてolxという無料アプリで募集。
完成前に部屋はすべて埋まってしまいました。
駐車場付きというのがウリになったようです。

https://www.olx.ph/

英語が第二公用語のフィリピンは世界とダイレクトにつながっていました。

規制がほぼなく新しいテクノロジー、システムがすんなり社会に溶け込んでいます。

世界の先端を走っていたと思っていた日本。
ふと気づくと発展途上国の後塵を拝していたなんてことが起きかねないと危機感を抱いている数日間。

建築業界も同じ。
テクノロジーを世界から導入して取り入れないと置いてきぼりになるかもしれません。

大変ですが頑張りましょう!

<太陽熱の活用>
太陽光ではありません。太陽熱発電です。
三井ホームが最近、搭載を進めている高効率太陽熱ソーラーシステム「Sun Cute(サンキュート)」などがあります。このシステムは太陽エネルギーを利用する効率が、太陽光発電に比べて優れているそうです。燃焼式の給湯器と比較して、CO2排出量を最大約60%カットできるのも魅力です。
太陽熱で空気を暖めて暖房に使うシステムも開発されています。屋根で空気を暖めて一度床下に下ろし、それを住宅の居室全体に行き渡らせるという仕組み。ミサワホームの「カスケードソーラーシステム」(太陽光発電との一体型)などがその代表例です。

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!
キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

町田隆浩
taka2taro@gmail.com
090-3430-6749

このページの先頭へ