【セルコホームさん仙台新社屋!】篠原商店からのお得な情報

<セルコホームさん仙台新社屋!>

「都市の木造化」=>“WOOD FIRSRT”

先進諸国の設計士の合言葉。

まずは木造化を考えよう!というモノ。

二酸化炭素固定化には建物に木を使用してもらうことが何より肝要!

地球は21世に生きる私たちだけのモノではありません。

未来永劫子孫に喜んで住み続けてもらいたいところ。

 

階段とエレベーターを除くと正真正銘の木造建物です。

400坪近い延床面積。

当然準耐火構造。

梁の最大スパンは8メートル近くに及びます!

 

セルコホームさんは2X6住宅の最大のFC本部。

面構造の耐震性とスーパーなデザイン性がウリ。

2X6ですから木造。

 

現在大手ハウスメーカーさんと同じく“非住宅分野”の開拓に乗り出しています。

でもツーバイ構造ではなく軸組です。

 

篠原商店が喜んでいるのは今回のプロジェクトに多少お手伝いできたことだけではありません。

「やっぱり非住宅には軸組構造!」を体現していただいた点。

 

非住宅分野への進出のお手伝いをぜひシノハラグループでさせてください!

 

よろしくお願いします。

 

東北大学HPより

 

https://www.maedalab-tohoku-u.com/20170222

                                             Wood-Construction-649x429

             (写真はセルコさんと関係ありません)

 

<リフォームにかける金額>

(株)ホームプロは17日、同社利用者の「2016年リフォーム実態調査」の結果を発表しました。

リフォームにかけた費用の平均は201万円(前年比13万円増)。

「50万円未満」が30.9%(同1.2ポイント低下)、「50万以上500万円未満」59.2%(同0.3ポイント低下)、「500万円以上」9.9%(同1.5ポイント上昇)と、高額リフォームがやや増加しています。物件種別のリフォーム平均費用は、マンションが約177万円、戸建住宅が約215万円でした。

リフォーム実施物件の築年数は、築11~20年が全体の32.1%(同1.3ポイント低下)を占めて最多。次いで「21~30年」が28.1%(同0.6ポイント上昇)、「31年以上」が27.0%(同0.6ポイント上昇)。「1~10年」は、11.7%(同0.2ポイント上昇)と全体の1割程度でしたが、50万円未満の低額リフォームの場合は20%超を占めました。

 

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームイインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ