【サンセイランディックさん(3277)メンド―なことやって絶好調!】篠原商店からのお得な情報

<サンセイランディック(3277)絶好調!>

建物と土地。

切っても切り離せない関係。

でも「土地のことは知らねぇ」と口にする工務店、社長さんのなんと多いこと。

 

今日は権利関係が複雑な土地の売買を主に手掛けるサンセイランディック(3277)さんのIRを考察しましょう。

<売上>

2016年12月期 116億円

2017年12月期 123億円

2018年12月期 151億円(予想)

 

<経常利益>

2016年12月期 12億円

2017年12月期 13億円

2018年12月期 14億円(予想)

 

グングン伸びています!

秘密は?

他社がやらないメンドーなことをやっているから。

「底地」や「居抜き」など借地や借家の複雑な土地の権利関係を地主の代わりに調整して土地を売買するのがサンセイランディックさん。

1992年より前の借地借家法は旧法と呼ばれています。

不肖町田あまり不動産詳しくないですが「旧法は分かりづらい」ということは知っていました。

“分かりずらい”=>“メンドー”

生産緑地法改正、相続税増税、空家対策法など「古い土地オーナーが売らざるを得なくなる状況」が目白押し。

「お金は欲しい。でもメンド―なことは勘弁。」

こんなメンタルの人が多い不動産業界。

特にサンセイランディックさんは「心」を大切にするそう。

伸びる秘訣は「みんながやりたがらないメンド―なことを真心こめて積極的にする会社」であること。

まさにサンセイランディックさん。

会社が「これやるぞぉ!」と言ったらやることが大切。

他の人がやりたがらないことをやると金鉱脈にたどり着けるのかも。

頑張りましょう!

株価1,000円突破もコンスタントになりそう?!

サンセイランディックさんのIR資料はこちら!

http://www.sansei-l.co.jp/files.php?id=000522

                                                      ダウンロード

<大家カフェ>

Casa(東京都新宿区)は、スマホアプリで簡単に賃貸管理ができる「大家カフェ」のサービスを開始しました。不動産オーナーが抱える入居者募集、家賃管理、リフォームの3つの課題をスマホアプリで簡単に管理するものです。

空室対策として「大家カフェ」の「入居者募集サポートサービス」では、Casa仲介店舗ネットワーク網に対し空室情報を一斉配信して入居者募集を行います。これにより、複数の不動産仲介会社へ空室情報が配信、客付けの機会が増え空室期間の短縮が期待されます。

また、「家賃保証サービス」では、家賃債務保証と決済機能をもつCasaが入居者から家賃を引き落とします。さらに便利な「リフォームサービス」も備えています。

アプリを使用している不動産オーナーは、「特に地方の物件管理が難しかったが、アプリで容易になった。特に月々の家賃回収にかかる手間や督促の手間が省ける」と導入によるメリットを話しています。

アプリは「大家カフェ」に会員登録すれば無料で利用できます。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームイインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

このページの先頭へ