【ゴールデンウィーク10連休?!】篠原商店からのお得な情報

<ゴールデンウィーク何連休でしょうか?>

テレビ、新聞で喧伝されているGW10連休。

日本中の会社はこれで本当に回っていくのでしょうか???

お客様の間でも対応はマチマチ。

 

大手大企業の社員さんたちは大喜び。

でも中小の経営者の皆様からはこんな声が。

「4月30日、5月1日、2日は現場回すよ!うちは大企業じゃないんだから。」

「会社オフィシャル的には4月30日、5月1日、2日はオープン。でも有給休暇消化奨励期間とする。」

いろいろな考えが飛び交っています。

 

経営者の皆さんは「10連休もして業務が回っていくのか??」という心配が関心の中心。

シノハラグループも熟慮を重ねております。

“休み”ではあっても部署ごとには出勤せざるを得なくなることを見込んでいる次第。

しょうがないです。

 

特に資金繰りには十分に注意したいところ。

コンサルタントの赤沼先生(http://akanumashintaro.com/)からは次のような注意喚起がなされています。

  • 連休中のATMは利用可能。でも一部設置場所においては現金が足りなくなり一時的に稼働停止するATMがあるかもしれない。
  • 融資・借入・仕入の口座振替が連休中にある場合は翌営業日の5月7日扱いとなる。
  • 融資返済日は契約内容にもよるが前営業日である4月26日扱いとなることがある。

 

ホントの頭の痛い話。

極端に労働者優遇策を取って経営者からそっぽを向かれている現韓国政府。

同じ道を日本が歩いてしまう危険性を感じている不肖町田。

 

しっかりチェックをしておきましょう!

 

 EBP17-01460A

 

 

 

 

 

 

<低炭素社会を実現!>

経済産業省と環境省は3月8日、第6回産業構造審議会産業技術環境分科会低炭素社会実行フォローアップ専門委員会合同会議を開催し、低炭素社会実行計画の現状と課題を共有しました。住宅に関連する業種では2020年度目標において、セメント協会や日本レストルーム協会、日本建設機械工業会の3業種がCO2削減目標を前倒しで達成しました。板硝子協会は未達成ですが削減が進んでいます。プレハブ建築協会は目標より10%悪化していました。2030年度目標でも、セメント協会や日本レストルーム協会が目標を前倒しで達成しています。
両省所管の44業種中31業種が2020年度目標を上回り、14業種が2030年度目標を上回っています。既に目標を達成した15業種が2020年と2030年度目標数値を引き上げることも報告しています。セメント協会および板硝子協会、⽇本レストルーム⼯業会も引き上げを表明しています。

 

 

 

警察、老人ホーム、学校、幼稚園など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

ウッドイノベーションオブトウキョウでは作図のお手伝いを行っております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ