【コロナウィルスの話で持ちきりです!】篠原商店からのお得な情報

<コロナウィルスの話で持ちっきりです!>

どこのお客様へ行ってもコロナウィルスの話で持ち切りです。

工務店の社長様から出てくる話はもっぱら陰謀論。

 

  • 中国軍管轄の細菌兵器部隊が誤って武漢でコロナウィルスを広めてしまった。
  • トランプが中国経済破壊のために中国で広めた。
  • 習近平が一人っ子政策から今後深刻な現象として生じうる人口構成の逆ピラミッド体制是正のために高齢者を狙い撃ちにしたコロナウィルスをまき散らした。

などなど。

 

さまざまな説が耳に入ってきます。

当然の一般ピープルで特別な情報ソースを持たない不肖町田。

正確なところはよくわかりません。

 

あるコンサルタントから聴いた話は以下。

1:現中国へのおしおき&ペナルティ

2:中国内での派閥争い

3:今のコロナはカナダ製の弱いやつだが最初に予定されていた中国製のはヤバイ
 

ハッキリ言って陰謀論。

 

でも一般ピープルのわたしたちはコントロールできるものだけコントロールする。

あとは成り行き任せ。

これしかありません。

 

自分で全部をコントロール無駄に怒ったりすると挫折します。
加えて謎の恐怖が生まれます。
必要以上におびえないようしたいもの。

2003年のSARSの時は中国の世界経済に与える影響は4%と言われていました。
でも今は16%。

打撃大! 

会社も小さいところは全く問題ないどころか小回りが効くので“チャンス”と考えたいところ。

 

昨日のブログでも書きました。

ピンチは別の人の立場からはチャンス。

 

“チャンス”の立ち位置を見極めましょう!

 

金、VIX指数を半年前に仕込んでいた人は今大儲け。

損する人がいれば得する人がいる。

資本主義の論理です。

 

がんばりましょう!

<2020年1月建築着工統計>

国土交通省は28日、2020年1月の建築着工統計を発表しました。

同月の新設住宅着工戸数は6万341戸(前年同月比10.1%減)と、7ヵ月連続の減少となりました。新設住宅着工床面積は482万1,000平方メートル(12.1%減)と、6ヵ月連続の減少。季節調整済年率換算値は81万3,000戸(前月比4.6%減)と、再び減少しました。

利用関係別では、持ち家が1万8,037戸(前年同月比13.8%減)と、6ヵ月連続の減少。貸家は2万4,147戸(同2.5%減)と、17ヵ月連続の減少です。

分譲住宅は1万7,856戸(同14.6%減)と、3ヵ月連続の減少。戸建住宅は1万881戸(同2.8%減)と、2ヵ月連続で減少しています。

 

                                                                                                                                                                                             

警察署、病院、老人ホームなど大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

 

このページの先頭へ