【”コリビングサービス”加速中!】篠原商店からのお得な情報

<コリビングサービス>

「リビング(living)=>住む」

中学の英語で分かる常識です。

 

でもLivingの前にcoが付くとどういう意味になるでしょうか?

無理やり邦訳すると「住み合う」となります。

CO+ LIVING=>住み合う

 

今世界的なシャアリングエコノミニーの波に乗ってガンガンのして来ているのがコリビングサービス。

注目は4月にローンチされる株式会社ADDress。

毎月4万円(年払い)。

電気・ガス・wifi込です。

契約は1年が基本。

ただし特定の会員がずっと同じ家に住み続けるのを防止するために1つの家の占有権利期間は1週間。

 

今現在以下2つの希望者を募っています。

  • 空家を貸したいひと。
  • 空家を短期間借りたいひと。

 

ご存じ空家率は増加の一途。

2033年には2,166万戸になる予想があります。

 

アメリカで市民の支持を得つつあるコリビングサービス。

日本でも広まってくる予想に不肖町田深く同感している次第。

 

でもこんなサービスが広がると新築着工は加速度的に減となることまちがいなし。

であれば今から新築は新築でやりながらももう一本の柱を今作っておくべきです。

 

シノハラグループはそんなご意向を持たれる皆様を応援いたします。

 

 

株式会社ADDress社のURLはこちら!

https://address.love/#place

 images

<オープンしなけん>

東京都品川区は一般社団法人東京建築アクセスポイント(新宿区)と連携を図り、区内にある歴史的・魅力的建築物を公開するイベント「オープンしなけん」を3月9日に開催します。

特別公開およびガイドツアーが行われるのは、東京デザインセンター、品川歴史館「松滴庵」「書院」、杉野記念館、品川バプテスト教会、東急池上線戸越銀座駅、明治記念館、日本音楽高等学校1号館(旧池田菊苗邸)、茶室「有時庵」などです。

ガイドツアーは事前申し込み制。詳細は品川区ホームページまで。

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/PC/kankyo/kankyo-kenchiku/20190110102359.html

そのほか東京建築アクセスポイントによる魅力発見ツアーなど、関連イベントも開催します。

 

 

警察、老人ホーム、学校、幼稚園など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

ウッドイノベーションオブトウキョウでは作図のお手伝いを行っております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ