【オープンハウスさんがホークワンを子会社化!】篠原商店からのお得な情報

<オープンハウスがホークワンを子会社化!>

年間2,000棟施工のホークワンさん。

杉並区が本店所在地で篠原商店本社とかなり近い位置。

お隣様です。

 

成り立ち上飯田グループだとばかり思っていました。

でも今は生い立ち、系列関係なくM&Aが行われる時代。

痛感しました。

なんとあの首都圏で圧倒的な力を誇るオープンハウスさんがホークワンさんの株式を取得し完全子会社化すると発表!

驚きました。

 

オープンハウスさんの売上は3,800億円。

ホークワンさんのそれは640億円。

 

280億円かけてオープンさんは買収に成功。

 

IR目論見書の中にはこんな記述があります。

「このたび完全子会社化するホークワンは、平成7年の創業以来お客様にとって“良質で快適に安心してお住まい頂ける住宅”をリーズナブルな価格で提供することを第一に考え、住宅分譲事業に取り組んでおります。ホークワンは首都圏及び名古屋地区の準都市部の別途タウンを中心に展開しており、年間2,000棟の住宅供給が見込まれております。」

注目は”準都市部“というワード。

都市部はオープンハウスが仕切ってきたという強い自負があります。

少し外側をホークワンのスタッフに任せるという意向。

 

同じような会社に見えても事業領域をある意味認識して商売をしていた両社。

このたび手を組んでさらに巨大なパワービルダーへ脱皮しようとしています。

 

THINK BIG!

考えることがデカいです。

 

見倣いましょう!

 

オープンハウスさんのIR資料はこちら!

https://openhouse-group.com/ir/upload_file/tdnrelease/3288_20180727487097_P01_.pdf

 

              9dc4f0a62507817860d1a910b7ff962b

<リフォーム工事電子契約化>

一般社団法人優良リフォーム支援協会(東京都江東区)は、電子署名機能を利用したリフォーム工事請負契約を導入しました。契約上のトラブルの抑制を図る目的です。
同協会の会員であるリフォーム業者は、契約業務のペーパーレス化で業務の効率化・コスト削減が図れると期待しています。一般消費者は標準化された請負契約書を用いて契約を締結し、デジタルデータとして第三者機関が保存管理することで、契約書の紛失や工事内容の相違を無くすことができます。
同協会は、導入をきっかけに住宅履歴情報の保管や顧客に対する重要説明の徹底を進め、業界全体の啓発活動を図っていく方針です。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ