【オーナー企業はベスト!】篠原商店からのお得な情報

<オーナー企業は素晴らしい!>

住宅業界NO.1はなんと言っても大和ハウスさん。

創業社は石橋信夫さん。

シベリヤ抑留を経験。

苦しかった時代から学んだミゼットハウスが大ヒット。

プレハブ住宅へと繋がっていきます。

中興の祖は樋口武夫さん。

今から3年ほど前にアメリカ・バージニア州の住宅会社スタンレー・マーチン社を買収。

M&Aアドバイザーに注文をつけた樋口氏。

「買収先はオーナー企業にしてくれ!」

理由は?

「オーナー企業は決断が速いから。」

確かにそうです。

会議で何かを決めるにも合議の形を取りながらも実質はオーナーが最終的には“決め”をします。

「スピードは最大のサービス」

大和ハウスのバイブル「わが社の行き方」に載っている最も重要な言葉。

工務店さんのほとんどもオーナー会社。

ぜひ決めて行きたいと思います。

スピード感ある経営スタイルは3兆円企業へと誘ってくれるかも。

オーナー企業の良さを見直し、誇り、ガンガン進めてまいりましょう!

 

<住生活月間>

国土交通省は、10月1日から31日を2019年度「住生活月間」とし、各種イベントを開催します。国民の住意識の向上を図り、豊かな住生活を実現するため、全国各地で官民協力のもと、総合的な啓発活動を行います。

10月12日には、第31回住生活月間、住生活月間中央イベント「スーパーハウジングフェアin東京」の合同記念式典を開催します。住生活月間功労者の表彰も実施します。会場は「東京プリンスホテル」(東京都港区)。

住生活月間中央イベントは同12、13日に「がすてなーに ガスの科学館」(東京都江東区)で開催。「ずっと愛される住まいのレシピー家に価値あり!家族と未来のための“住まいの性能” ー」をテーマに、「家やまちの絵本コンクール」「住まいのリフォームコンクール」のパネル展示を実施します。

同月28日には、住生活月間フォーラム「空き家活用をNext Stageへ~住まいの多様化と住宅の新たな利活用~」を開催。空き家の抑制や住宅の新たな利活用について、基調講演や有識者によるパネルディスカッションを行ないます。会場は「すまい・るホール」(東京都文京区)。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ