【アメリカではピザはロッカーで買うものに???】篠原商店からのお得な情報

<“ロッカー受取”でピザ買えるようになりました!>

ピザって「お持ち帰りだと1枚分タダ!」みたいな広告を店の前の張り紙で見たりします。

街を車で走っているとピザのデリバリーバイクがチョロチョロ走っていて「危ないな~」と思うこともしばしば。

「どうせピザ買うなら店まで行こう!」派って案外多いはず。

 

でも実際店に行ったらテイクアウトで行列に並んでイライラなんて貴兄がいらっしゃるかもしれません。

あるいはトッピングやサイズ、飲み物の注文など、カウンターでのやり取りが面倒なんて人がいるかも。

ピザチェーンPizza Hutはアプリなどで注文したピザを電子ロッカーで受け取れる試験サービスを米ハリウッド店で開始!

お腹が空いているときに手軽に食べられるのがピザ。

お腹グーグーなっている時に待ちたくないのが人の気持ち。

“ロッカー受け取り”はそんな人のためのサービス。

あらかじめPizza Hutのアプリやウェブサイト、電話で注文して支払いを済ませておけば、焼きたてのピザをロッカーでピックアップすることが可能という優れモノ。

仕事帰りにあらかじめ注文しておいて、待ち時間ゼロでピックアップして家に持ち帰り熱々ピザを食べる、ということが可能になります!

PIZZA HUTだけでなく他のピザチェーンでも同じサービスをUS全土で提供中。

アメリカ人のピザのオーダーの仕方が大進化中!

 

日本の住宅販売も同じ。

同じ“イエ”という商材を売っていても“売り方”が変化していくはず。

 

次の原則が役立ちます。

  • 人は考えたくありません。
  • 人は待ちたくありません。
  • 人は動きたくありません。

 

こんな視点から新しい売り方を考えると新しい商売が思い浮かぶはず。

 

頑張りましょう!

 

新しいアメリカのピザ販売スタイル!

 

<弁護士費用のための保険>

フェリクス少額短期保険(株)は、中小企業向けの弁護士費用保険「リガールBiz」のサービス提供を開始しました。

日本弁護士会と提携、企業法務に詳しい弁護士へ直通電話でのトラブル初期相談や弁護士紹介を、無料で受けることができます。また、弁護士との法律相談で発生する法律相談量の実費や示談交渉・訴訟などの着手金、業務委託の手数料70%を補償しています。契約できるのは、法人の社長、取締役。個人事業主の契約も可能です。

保険料は、Liteプラン(年間法律相談料保険金限度額100万円・弁護士費用保険金限度額10万円)の場合、年払い7万6,390円、月払いで7,000円。

その他プランや、顧問弁護士と契約している事業者向けの法律相談を負担をにした低廉なプランも用意されています。

日本ではあまり浸透していない弁護士費用保険、ヨーロッパでは広く普及しています。弁護士に相談するというのはハードルが高く感じられます

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ