【”まるはびシェア”ってなに?】篠原商店からのお得な情報

<“まるはびシェア”ってなに?!>

住宅業界にエッジの効いた新ビジネス旋風を巻き起こす“日本モーゲージサービス(7192)”さん。

造語“まるはびシェア”を世に送り出しました!

 

4月3日発表の「事業・業務展開開始に関するお知らせ」で詳細が明らかに。

 

そもそも“まるはびシェア”って何?

 

お知らせには次のように書かれています。(そのまま抜粋)

 

マルチハビテ―ション(まるはび:二地域居住)を希望する都会居住者が比較的集客力のある地域に住設、別荘として利用する一方、不使用時には住宅関連事業者の宿泊型住宅展示場、及び一般旅行客用のホテルとして有効に活用するシェアビジネスモデルであり、住宅アカデミアは住宅業者等に当該仕組みの提案・提供や、現地運営・住宅営業代行などのサービスを行っております。CLASS VESSO西軽井沢、SHARESラグーナ蒲郡の施設も、このまるはびシェアビジネスモデルによるものです。

 

不肖町田の理解は以下です。(違うかもしれませんのでご自身で真相をご確認くだされ!)

 

  • “まるはびシェア”

居酒屋がランチを始めて今まで活かしきれていなかった昼間の時間を使って稼ごう!という動きがあります。

同様に昼間のみ使われている住宅展示場を夜宿泊に使って稼がせよう!という動き。

 

  • 「比較的集客力のある地域に、、、」

避暑地で有名な軽井沢、キレイな海・温泉で高い知名度の蒲郡。

ゴミゴミした都会の雑踏から逃れて時にはロングステイしたいロケーションです。

はるはびシェア成功のコツはこのロケーションにあるのではと思います。

 

さすが鵜沢社長。

視点が違います。

 

 

詳細はこちらをクリック!

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material_for_fiscal_ym&sid=35268&code=7192

            13216

<日当たりの分かる無料ソフト>

インテグラル(茨城県つくば市)は、住まいに求める「日当り」の要望がどの程度実現可能なのかを、住まい手自身が可視化できるパソコン無料ソフト『日当り君』の提供を開始しました。

同ソフトでは、建設地の緯度経度情報と太陽位置を考慮した日影計算を行い、アニメーション表示や年間の日影の発生状況を確認できます。また、建設地周辺の建物や樹木など日影をつくる障害物を手早く入力することができ、誰でも5分程度で結果を得られるようになっています。建設予定地の日当たりの確認にも利用できるそうです。

同社は同ソフトの提供によって、住まい手の自然エネルギー活用への関心を促すとともに、住まい手自身による事前の日当たりの確認によって、専門家と行うパッシブ設計でも効果を期待できます。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームイインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

このページの先頭へ