【すまい給付金制度早々開始!】プレカット工場篠原商店からのお得な情報

こんにちは!

最近は夜もエアコン、扇風機が無くても寝られるくらい過ごしやすいですね。

体調管理にはお気を付けくださいませ。

 

<すまい給付金制度登場!>

来年4月から消費税率が5%から8%へ上がります。

既に政府は来年の予算組編成を、消費税8%を前提に組んでいるのでたぶん上げないという選択支はもうないでしょう。

でも住宅を買った人の負担を軽くするために導入する「すまい給付金」という制度を始めるそうです。

家を購入した方のローンの減額したり、税金を安くしてあげたりというのがこれまでの住宅購入促進策の柱でしたが、このすまい給付金は現ナマを住宅購入者へ渡します。

これまでの制度では中低所得者にとっては納めている所得税や住民税が少なく、ローン減税や所得減税の恩恵を十分受けられないため、国が給付金として支援することにしたとのこと。

以下のURLを押すと国交省のHP内説明会情報へ飛びます。

http://www.mlit.go.jp/report/press/house02_hh_000066.html

 

「本当にこれでいいのでしょうか??」と思わず叫んでしまう昨今の自民党のジャブジャブ感ですが、商売をする身としては「せっかく収めている税金」です。払うだけでなく、そしてハウスメーカーに利用されるだけでなく、上手に活用させてもらいましょう。

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず。(敵の実力を見極め、己の力を客観的に判断して敵と戦えば、100戦したところで危機に陥るようなことはない。)

しっかりこの給付金制度を見極めましょう。

説明会には参加したいです。

キダテ設計事務所でも本給付金制度のサポートをさせていただきます。

 

<「注文住宅研究会」設立>

 

複数の工務店が集まって定期研修を行いノウハウの共有やスキルアップをはかる。

それによって消費者に「安心・安全・信頼」を提供するために、愛知・岐阜の工務店8社により「注文住宅研究会」設立されたと住宅情報誌に載っていました。

家を建てたいと考え中の施主様に「安心・安全・信頼」を得ていただくことは大切です。そこで、第三者機関や専門家と連携し、ファイナンシャルプランナーによる資金計画の立案、ホームインスペクター(住宅診断士)による施工現場チェックなどを積極的に導入していくようです。

篠原商店、キダテ設計事務所でもホームインスペクター業務を開始いたしております。

ぜひ一度説明に伺わせてください。

 

ホームインスペクター(中古住宅診断士)のキダテ設計をよろしくお願いします。

古民家再生などのプレカットのご用命は篠原商店へお願いします。

 

町田

メール:   taka2taro@gmail.com

携帯:    090‐3430-6749

 

このページの先頭へ