【お盆休みも終わり!年末までがんばりましょう!】篠原商店からのお得な情報

<お盆休みも終わり!>

年末までしっかり走り抜けてまいりましょう!

 

この時期になると住宅業界は「今年は秋需あるのかな~?」が時候のあいさつ言葉になるもの。

果たして今年はどうか?

 

国土交通省が7月31日に発表した「建築着工統計調査報告」。

6月の新設住宅着工戸数、前年同月比7・1%減の8万1275戸で3カ月ぶりに減少に転じています。

持ち家と賃貸は伸び悩み。

分譲住宅も減。

貸家も3・0%減。

アパートローンの融資額減少、いわゆるスルガショックの影響でしょう。

 

8月10日レオパレスさんが2018年4~6月期の連結決算発表をしています。

最終損益が9億5700万円の赤字(前年同期は55億円の黒字)

アパートローンを巡る報道の影響等により受注が低迷した結果だそう。

いろいろマスコミから叩かれているレオパレスさん。

出る杭は打たれます。

 

でもIR資料を見る限りかなりスゴイ可能性を感じざるを得ません。

「まだまだこれから実を刈り取る事業がこんなにもある!!」と思うのです。

不肖町田が感じること次回以降記します。

レオパレスさんの中期経営計画書が今後住宅業界の進む道の選択肢を示している気がするのです。

IR資料はこちら!

https://www.leopalace21.co.jp/ir/library/pdf/2019/1Q/daiichi_ppt.pdf

                                                                        AR-170619918

 

<新国立競技場進捗>

2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場(東京都新宿区)ですが、6万8000人を収容する観客席では屋根の設置作業が始まり、19年11月末の完成予定に向けて着々と工事が進んでいるようです。

日本スポーツ振興センター(JSC)によると、工事は全工程の約4割まで達し、進捗は順調であるとの事です。観客席部分はほぼ完成し、屋根の土台となる鉄骨を組む作業も完了しました。

新国立は、「国産木材を利用した世界に誇れるナショナルスタジアム」を基本理念に掲げており、全都道府県の木材が使われます。

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件のプレカットの篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ