【LIXILビバさん絶好調!】篠原商店からのお得な情報

<LIXILビバさん好調です!>

4月12日に上場したLIXILビバさん。

名前の通りあのLIXILさんの子会社です。

ホームセンタービジネスはアメリカ発祥。

今や日本の衛星都市の郊外には広大な駐車場と共に必ずあるホームセンター。

LIXILさん版ホームセンター・ビバさん。やっぱり好調です。

 

資本金は200億円です。

現在の時価総額は911億円

すばらしい投資効果!

 

連結ベースの比較です。

 

<売上>

  • 2015年3月期   1,670億円
  • 2016年3月期   1,727億円
  • 2017年3月期   1,762億円

 

<営業利益>

  • 2015年3月期   97億円
  • 2016年3月期   103億円
  • 2017年3月期   106億円

 

ちなみに2019年3月期の売上予想は1,837億円!

5%アップを想定。

素晴らしいです。

 

IR資料をご抄読ください。

工務店業の私たちの注目点はリフォーム関連売上状況。

 

2ページにはこんな文章を観れます。

「季節商品や工事を伴うリフォームサービスは苦戦」

実際2016年から2017年に向けて一般商材が3.3%伸ばしているのに対して、リフォーム関連は2.3%にとどまっています。

 

今期の注目戦略は以下。

  • プライベートブランド商品を増やす!

安くて良い商品を増やす。=>利益率もアップ。

  • 現在305万人のメンバーカード保有者を325万人へ増やす!

顧客ロイヤルティを高めリピート率向上。

 

さすがです。

 

見倣う点はぜひ自社にも当てはめてまいりましょう!

 

IR資料はこちら!

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material_for_fiscal_ym&sid=35641&code=3564

                                                                    images

<ダイワハウスさん売上アップ>

大和ハウス工業が11日発表した2017年3月期連結決算は、売上高が前期比10・0%増の3兆5129億円、最終(当期)利益が94・7%増の2017億円となり、いずれも過去最高を更新しました。インターネット通販の拡大によって増える物流倉庫や、訪日外国人の増加に伴い活発化するホテルの需要を取り込んだ模様です。

賃貸住宅、商業施設、事業施設の3事業の売り上げが10%超増え、戸建て住宅やマンションの伸び悩みを補いました。賃貸住宅は相続税対策として人気が高まり、建設が増えたようです。商業施設では、高級車を購入する意欲の高まりを受け、ショールーム建設の受注が堅調でした。大野直竹社長は「戸建ては厳しい環境だが、シェアはもっと伸ばせる」と述べました。

好調な業績を踏まえ、3年間の中期経営計画の最後となる19年3月期の目標について、売上高を従来より2500億円多い3兆9500億円、最終利益を440億円多い2240億円にそれぞれ上方修正しました。

 

 

学校、消防署、病院など大型特殊木造物件の篠原商店をよろしく!

キダテ設計事務所でホームイインスペクションを今活発にさせていただいております。

 

 

町田隆浩

taka2taro@gmail.com

090-3430-6749

 

このページの先頭へ